鹿北製油 有機ごま油

鹿北製油のこだわりゴマ油


鹿北製油では、「石臼式玉締め法(玉搾り)」と「ベラー式圧搾法」という圧搾法にこだわった搾油を採用しています。

近年は大型機械でノルマルヘキサン(ベンジンの主成分)という有機溶媒を使い油分をとりだす抽出法で製油し、大量に安く販売するようになったため、昔ながらの玉締めによる製油は非常に少なくなりました。

鹿北製油では、明治5年製の 玉搾り機を今でも使い搾油しています。
低コスト・大量生産が可能な大手メーカーが採用している「溶剤抽出法」に比べると、高コスト・少量生産となりますが、薬品や重油を使わず薪で焙煎していますので、原料が持つ成分や自然の風味が生きた美味しい食用油を製造することができます。


有機ごま油は有機JAS認証を取得したごまを、薪を焚いて釜いりし、搾油したごま油です。
精製は手すき和紙でろ過するだけで、添加物や化学薬品等(苛性ソーダ・蓚酸など)は使用していない無精製の原油になります。

★鹿北製油 有機ごま油
http://www.fukuneko-ya.org/NF/food3.html#gomaabura


この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:999 最後に更新した日:2017/10/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM